忍者ブログ

鳥籠の空模様

『同じ空は一つとしてなく、同じ空は二度と眺めることは叶わない』……いつか、どこかで、誰かが僕にそう教えてくれた。毎日、一秒ごとに変わりゆくこの空模様のように、僕も変わりゆく。僕は、いつか、本当の空と向き合えるようになりたい…… そんな僕の空模様を映しつつ、『小説家になろう』という大手サイトにて小説を書かせていただいている灯月公夜の日々の空模様をここに記していきます……
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[04/05 灯月公夜]
[04/04 灯月公夜]
[04/04 灯月公夜]
[03/08 藤夜 要]
[01/13 李仁古]

2017/12/18
19:38
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/06/16
23:32
『イドへ至る森へ至るイド』


今日は、僕の大好きなSound Horizonの新曲『イドへ至る森へ至るイド』の発売日でした!!

今、曲を聴きながら記事を書いていますが、相変わらず難解な曲で、ほとんど良く分かりません(笑


ところで、どれだけの方がSound Horizon(通称サンホラ)を知ってらっしゃるのでしょうか?
ちょっと気になったり。

レビューとか、紹介とか苦手なのでざっくり説明しますが、サンホラの音楽は普通のJ-POPを想像したらダメです。なんと、曲、あるいはアルバムを通して一つの『物語』となっているのです。
愛とか憎悪とか生とか死とかアンダーグランドとかファンタジーとか好きな人は是非とも聴いてみてください!
世界観に飲み込まれる、かも……?

ちなみに、最初に聴くとすれば、アルバムで言えば『Elysion ~楽園幻想物語組曲~』か『Roman』、あと『聖戦のイベリア』がお勧めです。

これの特異性とかは、聴いてみないとたぶん分かんないです。
琴線に触れたらかなりハマるかも。僕はだいぶハマりました。
 

サンホラの音楽には毎回、何かしらの仕掛けを打っています。謎解きとかあり、それをクリアすると新たに曲がもらえたりして、手の込みようが素晴らしいです。
僕はバカなので、一度も謎解きの正解を見つけられていませんが(苦笑

例えば、上で紹介した『Roman』では、全11曲の『物語』が語れるのですが、そのうちの『誰か』が嘘をついているらしいのです。一時頑張りましたが、全然わかりませんでしたw

とにかく、僕はサンホラ大好き。それが言いたかっただけです>今回の記事
いつか、こんな音楽を作れるようになりたいなぁ。


追記:
描写トレーニング、今回もお休みです。ごめんなさい。
あと、文章的なスランプと同時に、別のスランプが出てきたかも。恐怖です。

 

 

拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら